ハウルから4年、新作は「宮崎駿版人魚姫」・芸能・スポーツ・ビジネス・事件・経済等、いろいろなニュースをお届けします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハウルから4年、新作は「宮崎駿版人魚姫」


 スタジオジブリは19日、来年7月に宮崎駿監督の新作アニメ映画「崖の上のポニョ」を公開すると発表した。宮崎監督の長編映画としては興行収入196億円の大ヒットとなった「ハウルの動く城」(平成16年11月)以来4年ぶり。

ハウルの動く城って、もう4年にもなるのですね・・・
 物語は瀬戸内海を連想させる海沿いの町を舞台に、5歳の男の子、宗介と、人間になりたいと願う金魚姫、ポニョとの温かい交流を描くオリジナル作品。
 会見した鈴木敏夫プロデューサーは「物語はまだ半分しかできていないが、日本的な要素の濃い宮崎駿版人魚姫。原点に返ってCGを一切使わず、子供のような単純な絵で作画する。従来の作品とは違った挑戦になる」と意気込みを語った。

子供のような単純な絵、というのがなんだか楽しみですね。
最近はリアルすぎるアニメも多いので・・・

(引用:iza!産経新聞
Copyright © ニュースてんこもり! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。