日本一安い?兵庫の「250円弁当」が即日完売・芸能・スポーツ・ビジネス・事件・経済等、いろいろなニュースをお届けします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本一安い?兵庫の「250円弁当」が即日完売


 手作り弁当が1個250円(税別)-。兵庫県豊岡市加広町のスーパー「エスカ加広店」で、「兵庫県で一番安い」という手作り弁当が人気を呼んでいる。材料費などを考えると、赤字覚悟での販売だが、「お客さんが喜ぶ目玉商品にしたい」と、店側は意気込んでいる。

250円とは安いですね。赤字覚悟というのも、本当にその通りでしょうね。
 手作り弁当は「肉じゃが」「カラ揚げ」「ハンバーグ」など計9種類。おかずやご飯もボリュームがあり、500円以上の価値は十分。買い物に訪れた主婦らから「本当に250円なの」と驚きの声が上がるほどで、消費税込みでも1個263円とあって、1日用意する300~400個がすぐ売り切れるという。

 同店は大手小売店のコープの近くで、「大型の駐車場を備えた大規模店と同じ商売をしていても勝ち目がない」(店関係者)と危機感を募らせ、経営コンサルタントに相談したところ、「目玉商品づくりが必要」とアドバイスされ、今月2日から1個250円の手作り弁当を売り出した。近所の主婦はもちろん、近くの高校生たちにも評判を呼んでいる。しかし、材料費などを考えると、「もうけにはならない」(岡田政雄社長)という。

 店の前に立てた「250円弁当」ののぼりがインパクトになって、遠方からもお客が訪れ、弁当はもちろん、別の安い商品も買っていくため、「250円弁当」の戦略は大成功といえる。岡田社長は「お客さんに喜んでもらえるだけでうれしい。これからも安く仕入れて、安く売りたい」と話している。

いくら安いとはいえ、内容も気になるところですが、内容も充実しているようですね。私も近くにあれば買ってみたいです。

(引用:iza!産経新聞
Copyright © ニュースてんこもり! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。