佐藤江梨子 セクシータレントは立ち直りが早かった・芸能・スポーツ・ビジネス・事件・経済等、いろいろなニュースをお届けします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐藤江梨子 セクシータレントは立ち直りが早かった


●破局は大正解 
「別れてよかったんじゃないか」――。
 こんな声があちこちから聞こえてくる。
 先週末、佐藤江梨子(25)が市川海老蔵(29)との破局を発表した。
 2人は昨年秋に交際が発覚し、12月にはサトエリと海老蔵がそれぞれ交際宣言して公認のカップルになった。

市川海老蔵という名前をみたときには「またか・・・」と思いましたが、本当に破局も早かったですね。
 しかし、先月末から関係が怪しくなり、サトエリが28日付の自身のブログで泣き顔のアップとともに「傷ついて初めて分かる。自分勝手な思い上がりと思い込み」などと破局を公表。発売中の「フライデー」にも、「今回、別れましたが、今はいいお友達です」とコメントしている。

 サトエリの周辺では交際発覚直後から「遊び人の海老蔵が本気とは思えない」「梨園はハードルが高すぎる」と心配する声が多かった。それでも、サトエリは海老蔵の実家に通ったり、公演に足を運んだりして必死にアピールしていた。

 結局、周囲の“見立て”が正しかったことが証明されたわけだ。

●早くも吹っ切れた?

 しかし、サトエリにとって今回の破局はプラスに働きそうだ。

「彼女は思い込みが激しいタイプで、すぐに相手にのめり込んでしまう。しかし、今回の一件で目が覚めたようで、今後は仕事に集中するでしょう。海老蔵との交際に反対していたスタッフもホッと一息ついていますよ」(マスコミ関係者)

 サトエリは3月9日付のブログで「もう元気です。仕事とプライベートで、お会いする全ての方々に毎度毎度、優しさと温もりを感じて、生きてるって最高! って思って生活できる様になりました」と、すでに気持ちを切り替えている。オトコを忘れて仕事に打ち込むつもりのようだ。

●仕事は順調 

 サトエリは3月から大攻勢をかける。17日公開の主演映画「口裂け女」を皮切りに、初夏には「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」、12月には「銀色のシーズン」と、相次いで映画に出演する。

 CMも5本に出演中で、さらにランジェリーブランドのイメージキャラクターにも抜擢された。雑誌で連載中の2本のコラムも好評だ。

「破局直後、地元の神戸で行われたファッションショーにゲスト出演したときは、際どいビキニ姿を披露して88センチの巨乳をアピールしました。サトエリはすっかり吹っ切れたようで、“セクシー路線にも再挑戦する”とヤル気になっています。映画で大胆な濡れ場に挑戦したり、ヌードを披露するかもしれません」(マスコミ関係者)

 やっぱり、海老蔵と別れて正解だった。

サトエリはキューティーハニーがはまり役でしたし、吹っ切れたのなら、本当に新境地を開いてくれそうな気もします。

(引用:ライブドアニュース
Copyright © ニュースてんこもり! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。