ライブドア判決 堀江被告 口とがらせ、納得いかぬ表情・芸能・スポーツ・ビジネス・事件・経済等、いろいろなニュースをお届けします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブドア判決 堀江被告 口とがらせ、納得いかぬ表情


 IT時代を駆け抜けた「風雲児」を、司法は厳しく断罪した。ライブドア前社長、堀江貴文被告(34)に対する16日の東京地裁判決。捜査段階から一貫して無罪を主張した前社長に、実刑が言い渡された。その瞬間、堀江前社長は一礼しながらも、納得のいかないような表情を見せた。判決読み上げ開始から1時間余り後、前社長は体調不良を訴えて一時退出し、言い渡しが中断する場面もあった。

納得はいかないかもしれませんね。というか、ホリエモンは以前から、機嫌が表情にすぐ出る(出していた)ので、そのままなんでしょう。

 午前10時、104号法廷。小坂敏幸裁判長が堀江前社長に証言台の前に立つよう促した。法廷が静まり返り「被告人を懲役2年6月に処する」との主文が読み上げられると、報道陣が速報のために一斉に飛び出した。


 短髪に黒いスーツ、白いシャツ、ネクタイ姿の堀江前社長は、軽く頭を下げた後、軽く後ろにのけぞるような仕草をした。被告席に戻った後は顔をやや赤らめ、口をとがらせて、納得がいかない表情のまま、渡された判決文に目を落とした。
 「すいません、体調が悪いのでトイレに行きたい」。午前11時過ぎ、堀江前社長は裁判長に訴えて一時退廷。戻った後も、ネクタイや額に手をあてた。

 判決後、小坂裁判長は、ハンディキャップを背負った子供の母親から裁判所に届いた手紙を取り上げた。堀江前社長にあこがれ、働いてためた金でライブドア株を買い、今も大切に持っているという。「裁判所は有罪判決を下したが、被告人の生き方すべてを否定したわけではない。この子供のように被告人に勇気づけられた多くの人たちに思いをいたして罪をつぐない、その能力を生かして再出発することを望みます」。裁判長はこう語りかけた。前社長は両手を前でくんだまま神妙な表情で聴き入り、最後に深々と一礼した。

 「日本人のいない場所に行きたい」。判決を前に、堀江前社長は年末年始、裁判所の許可を得てアフリカを旅した。人目のつかない場所を望み、海沿いの国での休暇をのんびり過ごしたという。昨年12月初旬には、鹿児島県の徳之島まで足を伸ばした。保釈条件では3泊4日以内の国内旅行には裁判所の許可が必要ないため、こうした旅行にしばしば出掛け、海のある場所では必ずダイビングに興じていたという。

 事業への意欲も変わらず、宇宙関連事業に関心を示すとともに、人の寿命や「不老長寿」などを科学的に研究する「ライフサイエンス」分野に興味を寄せている。「バイオテクノロジー」や「サイボーグ技術」に関する海外の科学者の著作を熱心に読み、意欲を奮い立たせていたという。

ライブドア株で損をした人には申し訳ないですが、ホリエモンの事件があるなしに関わらず、株というのは得をしたり損をしたりするものであり、特にライブドアのような急成長している会社は、損をする可能性も十分にあったわけで、そのことに対して非難をするのはどうかとも思います。

ただ、罪は罪としてホリエモンには厳粛に受け止めてもらいたいものです。

(引用:ライブドアニュース
Copyright © ニュースてんこもり! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。