堀江被告に実刑2年6月・芸能・スポーツ・ビジネス・事件・経済等、いろいろなニュースをお届けします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堀江被告に実刑2年6月


 ライブドア(LD)事件で、証券取引法違反罪(偽計・風説の流布、有価証券報告書の虚偽記載)に問われた前社長、堀江貴文被告(34)の判決公判が16日、東京地裁で開かれた。小坂敏幸裁判長は、堀江被告がすべての犯行を容認していたことを認定し、懲役2年6月(求刑懲役4年)の実刑判決を言い渡した。堀江被告は無罪を主張していたが、小坂裁判長は「見せかけの成長を装い、一般投資家の判断を誤らせた責任は重い」と厳しく断じた。弁護側は控訴するものとみられる。

「見せかけの成長」とはいえ、世間をホリエモン一色にした力はすごいとは思います。
 弁護側は元側近の元取締役、宮内亮治被告(39)らが独断で一連の犯行を実行したとの主張を展開しており、堀江被告と宮内被告のどちらが主導者だったかが争点の一つだった。

 小坂裁判長は、宮内被告らの証言の信用性を認め、堀江被告がLD社内で絶大な権限を保持していたと認定。その上で「最終的な決定をする形で関与しており、堀江被告が中心的な役割を担ったことは否めない」として、一連の犯行について宮内被告らとの共謀を認めた。

 また、弁護側が「違法ではない」と主張していた自社株売却益の還流については、「堀江被告が平成15年10月下旬、組合を使った自社株売却益の還流を容認した」とする宮内被告らの証言には信用性があると判断。「組合は脱法目的で作られたもので、実質的にはLD側がLD株を売却していた」と結論づけた。

 架空売り上げ計上についても、16年8月下旬に堀江被告が了承したことを認めた。判断に当たっては、法廷で「堀江さんが知らないはずはない」などと証言していたLD元代表取締役、熊谷史人被告(29)の供述信用性を高く評価した。

 小坂裁判長は量刑理由で、「一般投資家を欺き、その犠牲の上に企業利益のみを追及した犯罪で、その目的に酌量の余地はない」と述べた。さらに「多額の被害を受けた投資家に謝罪の言葉を述べることもなく、まったく反省していない」と断罪した。

 裁判は大型経済事件としては初めて公判前整理手続きが適用され、初公判から半年で判決を迎えた。

ホリエモンはすごいとは思いますが、それはそれ、罪に罰を受けてもらうのは仕方の無いことです。

(引用:iza!産経新聞
Copyright © ニュースてんこもり! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。