カラテカ矢部が気象予報士試験合格・芸能・スポーツ・ビジネス・事件・経済等、いろいろなニュースをお届けします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラテカ矢部が気象予報士試験合格


 お笑いコンビ・カラテカの矢部太郎(29)が気象予報士試験に合格していたことが10日、明らかになった。平均合格率6・2%という超難関の国家試験を3度目の挑戦でクリア。お笑いタレントとして、初の“快挙”を達成した。

以前にも番組の企画で外国語を覚えるということをやっていましたが、才能があったんですね。

13日には都内で合格会見を行うが、今後はお笑いエッセンスを取り入れた新たな形の天気予報が見られるかもしれない!?
 お笑いタレントがまた1人、隠れた才能を見せつけた。気象予報士試験に、お笑いタレントとしては、初めて矢部が合格。石原良純(45)や6人組男性アカペラボーカリスト「RAG FAIR」の奥村政佳(28)に続く、芸能界気象予報士資格保持者となった。
 試験は超難関の国家試験として知られる。今回も4670人が受験し、合格者は矢部を含めてわずか294人で、平均合格率6・2%という難解さ。矢部は1月28日に行われた試験で、大気の構造や熱力学などが問われる多肢選択式の一般試験2科目と、文章や図解で解答する記述式の実技試験2科目の計4科目に挑み、9日に合格の知らせを手にした。
 ルックスからは想像できない力を見せつけた矢部だが、実はとんでもない才能の持ち主。過去には、日本テレビ・読売系のバラエティー番組「電波少年」の企画で、スワヒリ語、モンゴル語、韓国語、コイサンマン語の4カ国語をわずか11カ月で習得したこともある。
 昨年は先輩芸人・ダイノジの大地洋輔がエアギターで世界一を獲得し、知名度を上げたが、今年は芸人気象予報士「カラテカ・矢部太郎」から目が離せない!?

矢部さんは独特のキャラクターなので天気予報というのもおもしろいかもしれませんね。

(引用:ライブドアニュース
Copyright © ニュースてんこもり! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。