SMAPらじゃニーズのテレビ・芸能・スポーツ・ビジネス・事件・経済等、いろいろなニュースをお届けします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SMAPらじゃニーズのテレビ


「SMAP×SMAP」も14.4%と低下

 ジャニーズのタレントが出演する番組が総崩れの様相を呈してきた。

「KAT―TUN」の亀梨和也の主演ドラマ「神の雫」(日本テレビ)は、17日放送の回に視聴率4.9%を記録。これは今クールのゴールデン、プライムのドラマの中で最低の数字だ。

まあ、そういうこともあるでしょうね・・・

「『神の雫』は人気漫画が原作で、ワインがテーマのドラマ。大人も子供も見ると期待され、視聴率は10%を上回るとみられていました。しかし、この数字ですから、主演の亀梨の力不足は否めません」(芸能評論家・金沢誠氏)

 もっとも、亀梨のドラマの惨敗は、ジャニーズの一端ともいえる。昨春にTBSが鳴り物入りで始めた「嵐」出演の「ひみつのアラシちゃん!」は視聴率が1ケタ台に落ち込むことも珍しくないし、常時10%台後半をキープしてきた「SMAP×SMAP」(フジテレビ)も今週、ついに14.4%を記録した。

 また、NHKと全民放キー局のレギュラーを制覇したTOKIOの国分太一は、今春で「解体新ショー」が終了し、「オーラの泉」(テレビ朝日)の放送が月1回に減る。

 水面下で“テレビ局のジャニーズ離れ”が進んでいるようだ。

ジャニーズ離れというよりも、そういう時期のようなものがあるのでしょうね。

なんでも、良いときを基準にして考えてしまいますが、なにをやっても良いときというのは存在し、その代わりに悪い時期というのも存在します。

それが今、というだけの話でしょう。

そもそも、SMAPが視聴率取りすぎていたのでしょう。下がったというよりも普通に戻っただけです。

今までが高すぎたのです。

まあ、なんだかんだでまた上がっていくでしょう。

これだけの人間を集めているのですから。

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。