ひきこもり“予備軍”16万人・芸能・スポーツ・ビジネス・事件・経済等、いろいろなニュースをお届けします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひきこもり“予備軍”16万人


 東京都内の若者の20人に1人弱は将来、「ひきこもり」に陥る可能性があることが14日、都の意識調査で分かった。現在はひきこもりではないが、心理的に同調する考え方の若者が4・8%にのぼった。人口換算で16万人にのぼるこうした“予備軍”の実態について、都はさらに調べる。

最近は、パソコンが普及して、家でなんでもできるようになってしまい、ひきこもることもおおくなっているのではないでしょうか・・・
 調査は昨年9月~今年1月、無作為抽出した15~34歳の男女約2700人を対象に、戸別訪問によるアンケート形式で実施。1388人が回答した。

 その結果、現在ひきこもり状態になっている人は約2万5000人と推計。このほかに4・8%は、「理由があれば家や自室に閉じこもるのも仕方ないと思う」などと考え、ひきこもりに心理的に同調する傾向があった。

 これらの人は、ひきこもりに同意しない94%と異なる心理傾向があり、都は「ひきこもり親和群」と分類。親和群の55%は24歳以下で、4割がアルバイトなどの非正規雇用者だった。

 親和群が現在、ひきこもっていない理由は、「友人関係の維持」「年齢が若い」ことなどを挙げた。報告書は「年齢が高くなるにつれ、ひきこもり状態になっていく可能性を捨てきれない」と指摘している。

ひきこもりの定義にもよりますが、

ひきこもりになるには、普通の仕事をしていたら絶対になれないわけで、

働かないか、非正規雇用でしかありえないわけです。

働いていないのは論外ですが、非正規雇用の場合には、

今の時代、一旦非正規雇用になると、

そこから抜け出すことがとても困難になってしまっています。

そうすると、その状態からひきこもりになってしまうのは、
ある意味仕方ないようにも思えるのです。

「ネットカフェ難民」という言葉が流行っていますが、

ネットカフェ難民が自宅にいればひきこもりです。

お金がなくても暮らしていける、というのは、学生ならまあ良いですが、
ある程度年齢のいった大人になると、

お金がないと暮らしていけません。

少なくとも、友達づきあいは無理です。

飲みにもいけないし、

車でどこか出かけることも出来なければ、
そもそも車も持てるはずありません。

非正規雇用をなんとかすることがやはり一番大事なところなのではないでしょうか。

(引用:ライブドアニュース
Copyright © ニュースてんこもり! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。