ゲゲゲの鬼太郎:田中麗奈、ミニスカ猫娘「年齢的に抵抗が…」ウエンツの感涙話も・芸能・スポーツ・ビジネス・事件・経済等、いろいろなニュースをお届けします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲゲゲの鬼太郎:田中麗奈、ミニスカ猫娘「年齢的に抵抗が…」ウエンツの感涙話も


水木しげるさん原作の妖怪マンガを映画化した「ゲゲゲの鬼太郎」(本木克英監督)が28日、公開された。東京・有楽町の丸の内ピカデリーでは、主演のウエンツ瑛士さん(21)やヒロイン実花役の井上真央さん(20)らが舞台あいさつに登場。

最近、妖怪ものが流行ってるような気がします・・・
東京・有楽町の丸の内ピカデリーでは、主演のウエンツ瑛士さん(21)やヒロイン実花役の井上真央さん(20)らが舞台あいさつに登場。超ミニスカートにリボンがトレードマークの猫娘を演じた田中麗奈さん(26)は年齢的に抵抗もあったけど、妖怪は年齢なんて関係ないからいいかと思った」と美脚披露を真相を明かした。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、1965年ごろから水木さんが紙芝居として発表した「墓場鬼太郎」を始めに、さまざまなマンガ誌で連載され、妖怪ブームを巻き起こした。映画では、妖怪ポストに助けを求めた小学生・健太(内田流果君)が、強力な魔力を持つ「妖怪石」を手に入れてしまい、姉の実花とともに妖怪に襲われ、妖怪世界を巻き込んだ史上最大の戦いが繰り広げられる……というオリジナルストーリー。一反木綿やぬり壁などおなじみの妖怪を最新のVFXで再現、ねずみ男を大泉洋さん、子なき爺を間寛平さん、砂かけ婆を室井滋さんが演じ、ほかに西田敏行さん(輪入道)、小雪さん(天狐)、中村獅堂さん(大天狗裁判長)ら豪華キャストの妖怪が次々と登場する。

 舞台あいさつでウエンツさんは「人生をかけて臨んだ作品なので、不安で不安で……。昨夜、タクシーの運転手さんから『明日、鬼太郎を見ますよ』って言われて、泣きそうになりました」と主演のプレッシャーを告白。井上さんは「迫力ある作品で参加できてうれしい」と話した。田中さんはミニスカートについて「監督が『もっと短く、短く』って言われて……」と“暴露”すると、本木監督が「毛糸のパンツが見えなかったので」と思わぬ裏話を披露した。

最近では、墓場鬼太郎がアニメになっていましたね。

しかし日本人は、どうも妖怪やオバケが好きですね~

これは、西洋での「怖いもの」というよりも、ちょっと違うもののような気がします。

日本の妖怪は、どこかかわいらしさがあり、怖いというよりも癒される、といった感じです。

なぜこんな違いがあるのか、これは文化の違いなんでしょうか。

日本に生まれてよかった、と思います。

(引用:毎日jp
Copyright © ニュースてんこもり! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。