仮面ライダーキバ、映画版でホリケンが「最大ライダー」に・芸能・スポーツ・ビジネス・事件・経済等、いろいろなニュースをお届けします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーキバ、映画版でホリケンが「最大ライダー」に


 お笑いトリオ「ネプチューン」の堀内健さん(38)が、8月9日に公開される人気特撮ドラマ「仮面ライダーキバ」の映画版「仮面ライダーキバ 魔界城の王」で、主人公のキバと敵対する「仮面ライダーアーク」を演じることがわかった。

ホリケンさんってなにげにかっこいいですから楽しみです・・・
 アークの身長は3メートル20センチで「平成ライダー」史上最大のライダーとして、キバの前に立ちはだかる。

 98年の「ネプチューンinどつきどつかれ」以来10年ぶり2作目の映画出演となった堀内さんは「小さいころ、アマゾンやV3が大好きでよく見ていました。両親も『仮面ライダーが好きだったから良かったね』と喜んでくれました。新たな人気ライダーの仲間入りができるように頑張ります」と話している。

 「仮面ライダーキバ」は、「平成ライダー」のシリーズ9作目。バイオリンを愛する優しい青年・紅渡(くれない・わたる)が、人間を襲うヴァンパイア(吸血鬼)一族の「ファンガイア」と戦うというストーリーで、渡の父、音也が戦っていた22年前の過去とリンクしながら進行する。

ストーリーがなにやらややこしそうですが、なかなかおもしろそうですね。

昔の仮面ライダーにくらべると、奥が深くなったような気もしますが、それだけ、大人も楽しめるようになっているのでしょうか。

しかし、子どもをあなどっているわけではありませんが、もっと分かりやすい話にしても良いのでは、と思わないでもないです。

ただ、単純な内容だと、内容的にこれまでに放映した話とかぶってしまうのかもしれませんが。

(引用:Yahoo!ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。