いじめ自殺一因認め賠償増額・芸能・スポーツ・ビジネス・事件・経済等、いろいろなニュースをお届けします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめ自殺一因認め賠償増額


 99年に自殺した栃木県鹿沼市立北犬飼中3年の臼井丈人(たけひと)君(当時15歳)の両親が「いじめが自殺の原因」として、市と県に約1億1000万円の賠償を求めた訴訟の控訴審の判決が28日、東京高裁であった。江見弘武裁判長は、240万円の賠償を命じた1審・宇都宮地裁判決(05年9月)を変更し、いじめを自殺の一因と認めるとともに、1100万円まで賠償が認められるとして、和解分を除く860万円の賠償を命じた。

かなりの増額ですね・・・
 学校側の安全配慮義務違反については、1審同様いじめを阻止できなかった責任はあるとしつつ、そのことが自殺に直接つながったとする遺族側主張は「自殺を予見できなかった」として1審同様に認めなかった。

 また判決は、直接暴行を加えた元同級生2人以外の同級生について「暴行を阻止せず、放置した級友のひきょうな態度も、それ自体がいじめ。丈人君の孤立感を深めた」と言及した。

 1審は、元同級生による継続的で陰湿ないじめを認定し「学級担任らが安全配慮義務を怠った」として元同級生と市、県などに計240万円の賠償を命じる一方、「進学の悩みなどで不登校を続けるうちに生きる意欲も失い自殺した」と、いじめと自殺の因果関係は否定していた。

 両親側は2審で、自殺直前まで丈人君と接していた友人らの証言を基に「いじめでうつ病を発症し自殺した」との精神科医の鑑定書を提出。判決はこれを認めた。市と県側は「いじめが激しかったのは自殺の約半年前で因果関係はなく、予想もできなかった」と反論していた。元同級生2人とその両親は昨年7月、いじめを認めて謝罪し和解金240万円を支払う内容で和解している。

 判決によると、丈人君は99年4月に3年に進級後、1学期を中心に元同級生2人から、プロレスごっこと称して一方的にたたかれたりけられたり、女子生徒もいる教室でパンツを脱がされるなどのいじめを受けた。11月に入って不登校となり、同26日に自宅で首つり自殺した。

いじめは確かに難しい問題で、学校で把握するということも難しいですが、なくしていかなければいけないのは事実ですので、これ以上の被害者を出さないためにも、対策をしてもらいたいものです。

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。