患者ら1千人がトヨタ本社を包囲!・芸能・スポーツ・ビジネス・事件・経済等、いろいろなニュースをお届けします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

患者ら1千人がトヨタ本社を包囲!


 3月16日、トヨタ自動車東京本社を約1000人の公害患者らが包囲する「あおぞら総行動」が行われた。自動車の排ガスで喘息や慢性気管支炎になったとして自動車メーカー7社や国などを訴えている東京大気汚染訴訟の原告団と支援者が、謝罪と一時金の支払いを改めて訴えた。

自動車の排ガスは、「仕方ない」と言い切れない公害がありますからね・・・
 「一歩前進」(繁野義雄副団長)とは言うものの明確な回答は得られず。原告に、マスコミでは報じられない被害者の実情を聞いた。

【Digest】
◇原告633人中109人が死亡
◇一審は国・都・公団に7,920万円の支払い命令
◇酸素吸入器だけで年間120万円
◇自宅隣では何十台もの清掃車がアイドリングを
◇娘が4カ月のときに大発作
◇尿を垂れ流し、這いつくばる苦しさ
◇異常妊娠で命拾い
◇母の発病で新たな決意
◇咳で肋骨骨折、くしゃみで椎間板がつぶれた
◇なぜトヨタ自動車なのか
◇4月にメーカーの統一案が発表か

◇原告633人中109人が死亡
 東京では観測史上もっとも遅い初雪となった3月16日。この日は、東京高裁の和解勧告を受け、原告団がトヨタ自動車らに対し謝罪と賠償金の支払いを要求した回答期限の日だった。

 朝10時30分、交渉が行なわれるトヨタ自動車東京本社前に行くと、大勢の人が座り込んでいた。主催者発表で約1000人というのも決して大げさではなく、表通りの歩道にはスペースがないため、脇の道にまで大勢の人があふれ返っていた。

 座り込む人は、高齢者が多い。毛布に包まりながら、じっと目を閉じている老人、鼻に透明なチューブを差し込んで酸素を吸入している人。周囲の歩道は、一見して痛々しく見える人びとで、埋め尽くされていた。

 108名死亡「トヨタは公害患者に謝罪と賠償をしろ!」 東京大気汚染訴訟原告が東京本社前で座り込みでは、原告633人のうち、108人が亡くなっていると報じたが、この日までにさらに1名が亡くなり、死亡者は109名になった。

 東京大気汚染訴訟は、日本有数の大型公害裁判であり、すでに多くの犠牲者が出ている。しかも、今後の公害被害者救済制度や環境行政、あるいは自動車メーカーの企業責任を考えても、きわめて重要な裁判である。

 にもかかわらず、これまでのマスコミの取り扱いは小さい。

 「しんぶん赤旗」が継続的に取材を続けているものの、同紙はあくまでも政党機関紙。一般のジャーナリズムでこの問題を長期的に追っているところは皆無だ。
 
 今回の「あおぞら総行動」では、トヨタ自動車と同時に日産自動車に対する交渉も行い、企業側が和解金の支払いに向けて前向きな姿勢を示したことで、朝日・毎日・読売などが記事を掲載した。

 特に朝日新聞は一面で報じた。これ自体は評価すべきだろうが、記事内容は裁判の流れと和解交渉のポイントの説明である。残念ながら、長期間にわたり肉体的精神的に苦しみ、生活破綻をきたした被害者の生の声はなかった。

公害となると、業界トップが矢面に立つのは仕方ないと同時に、業界トップになった企業は、どんな業界にせよ、恩恵を受けると共にその責任を考えなければいけないのでしょう。

(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。