日本一の無責任男植木等さん死去・芸能・スポーツ・ビジネス・事件・経済等、いろいろなニュースをお届けします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本一の無責任男植木等さん死去


 「スーダラ節」で売り出し、東宝映画「無責任男」シリーズで一時代を画した元クレージーキャッツのメンバーで俳優の植木等(うえき・ひとし)さんが27日午前10時41分、呼吸不全のため、東京都内の病院で死去した。80歳だった。

植木等さんの全盛期を知っているわけではありませんが、その影響力のすごさは、わかります・・・
 三重県出身。葬儀は個人の遺志により近親者による密葬で行う。
 平成9年に肺気腫となり、療養と仕事を続けてきたが、今年1月16日に食欲がなくなり入院、今月中旬から意識が混濁していたという。

 浄土真宗の寺に生まれ、11歳で修行のため上京した。東洋大学文学部在学中にバンドボーイとなり、昭和32年にハナ肇率いるコミックバンド「クレージーキャッツ」に参加した。36年にテレビのバラエティー番組「シャボン玉ホリデー」に出演、同時に、♪分かっちゃいるけどやめられない…と高度成長経済に入りかかったサラリーマンを歌った「スーダラ節」が大ヒットした。作詞は後の東京都知事の青島幸男氏。
 さらに「ニッポン無責任時代」「日本一のゴマスリ男」など東宝の「クレージー映画」シリーズで、いいかげんでありながらしっかりと大事をなす型破りなサラリーマン役を演じ、人気が爆発した。

 ピークの昭和38年ごろには、テレビのレギュラーを何本も持ち、映画も1年間に主役4本を含む12本に出演した。
 その後は舞台やテレビでクレージー時代とは違う個性を生かして俳優としても活躍。61年松竹映画「新・喜びも悲しみも幾年月」で毎日映画コンクール助演男優賞、キネマ旬報助演男優賞などを受賞した。平成9年にはNHK連続テレビ小説「甘辛しゃん」にレギュラー出演するなど、渋い脇役で存在感をアピールしていた。
 5年に紫綬褒章を受章した。

お笑いだけの人ではなかったのですね。

とても味がある方だというのはよくわかります。

ご冥福をお祈りいたします。

(引用:iza!
Copyright © ニュースてんこもり! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。