光岡自動車 大蛇お目見え 1号車を出荷・芸能・スポーツ・ビジネス・事件・経済等、いろいろなニュースをお届けします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光岡自動車 大蛇お目見え 1号車を出荷


 富山市掛尾町に本社を置く光岡自動車(光岡章夫社長)が約5年をかけて開発してきたオリジナルスーパーカー「大蛇(オロチ)」の第1号車出荷式が20日、同市婦中町横野の工場で行われた。

 大手自動車メーカー以外では国内唯一、オリジナルカーの製造、販売を行っている同社として、3台目のオリジナル。性能やスピードよりも、高いデザイン性と手作りの希少性をコンセプトとし、大蛇をイメージした力強い流線型のボディーが特徴。車体価格は1050万円で400台限定。

光岡自動車といえば、個性的な自動車が多いですね・・・
 01年の東京モーターショーにモデル車を出展し、翌年には市場販売に向けて開発に着手。昨年10月に東京で正式発表し、注文を受けてきた。

 ボディー、シャシーなどほとんどが職人の手作りのため、年産約50台。現在までに50台の予約があるため、今後の納期は1年待ち。中には海外からの注文もあるという。

 出荷式では光岡社長が「ファッションスーパーカーの日本のブランドとして、海外にも広がるよう努力したい」とあいさつした後、黒い車体のオロチが流れるように登場。兄で創業者の光岡進会長から、開発に携わった13人の社員に花束が贈られた。第1号車はショールームに展示され、一般向け出荷は24日から。

 デザインを手がけた青木孝憲さん(31)は「今日が出発点。これからも夢を感じられる車を作り、個性のあるパーソナルカーを少量生産していきたい」と話していた。

ほとんどが手作りなんですね。これだけ個性的なデザインですし、こだわりもたくさん入ってそうですね。

私も乗ってみたいです。

(引用:ライブドアニュース
Copyright © ニュースてんこもり! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。